管理人から育毛ワンポイントアドバイス!

発毛、育毛で重要なことは、
まずは髪の毛の生える土壌をきちんと整えることです。

砂場に種をまいても野菜が育たないよう、
髪の毛にもきちんとした土壌の環境を整えなければ、
せっかく高額で買った育毛剤も無駄になります。

発毛、育毛をやるなら無駄な出費を抑えるためにも、
まずは土壌作りからきちんと始めることを推奨します。

徹底的に髪の毛の土壌作りから始める

髪の毛が抜けるまでのサイクル

ヘアサイクル

人の髪の毛には大きく分けて3つの期間があるといわれています。

その3つの期間というのが、

・成長期
・移行期
・休止期

この3期です。

・成長期
毛が生えてから成長が止まるまでの期間。
2年~6年程の期間があり、今の頭髪の85%~90%を占めている。

・移行期
成長期が終わると髪の毛の活動が終わり、
休止期へと移行期間の事。

この移行期間は約2週間前後、
今の頭髪の1%を占めている

・休止期
毛根が退化してから脱毛するまでの期間。
今は得ている頭髪の9%~14%を占めている。


http://www.hairmedical.com/usuge-genin/より引用。


健康状態を保っていれば
健康なヘアサイクルを循環させることが出来ますが、
不健康な生活をしていると乱れたヘアサイクルになりがちです。

ですので、将来を見据えて
きちんと規則正しい生活を送ることが
薄毛にならないポイントになります。

ビタミンやミネラルなどは頭皮にはいい栄養になるので、
野菜や海藻類を多く摂取し、
体のバランスをきちんと整える意識をしましょう。

きちんと規則正しい生活を送り、
かたより過ぎない食生活を送り、
あなたのライフスタイルを乱さないことが、
一番の栄養になるのです。

そもそも髪の毛が薄くなる原因って何?

薄毛の原因


男性だけではなく女性も気になるのが髪の毛の薄毛。

日本人の男性では3人に1人は気にしており、
その原因はホルモンの影響、食生活、遺伝子的要素と言われているんですよね。

そんな薄毛に見られるパターンは2つあります。

・髪の毛が細くなる
・髪の毛が抜け落ちる

このどちらかにより、
人は世間の一般の人達から
「ハゲ」と呼ばれるようになってしまいます。

 

「では、一体どのようなことが原因で薄毛になるのか?」

 

有力な説は以下の4つです。

 

薄毛の4大説!

①血液循環不良説
髪の毛の根っこの部分には血液が流れており、
この血液から髪の毛へと栄養を送ります。
従って、血液循環が悪くなると、
髪の毛へ十分の栄養を送ることができず、
髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

②男性ホルモン説
遺伝子的に男性法るもんが多いと
毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

③脂漏洩
頭皮に異常があると炎症が起きやすくなり、
結果的に髪の毛の成長を邪魔してしまいます。

④頭皮緊張説
緊張などにより、頭蓋骨と頭皮の血管を圧迫
血流を悪くしてしまい成長を阻害します。


①血液循環不良説
②男性ホルモン説
③脂漏洩
④頭皮緊張説

この4つの説のうち、
どれかしらに当てはまっていると
薄毛になりやすくなってしまうと言われています。

当然のことながら、
これら全てに当てはまっていなくても
何かしらの原因で薄毛になってしまう可能性は十分あります。

ですので、日々の予防や対策が重要になってくるのです。