そもそも髪の毛が薄くなる原因って何?

薄毛の原因


男性だけではなく女性も気になるのが髪の毛の薄毛。

日本人の男性では3人に1人は気にしており、
その原因はホルモンの影響、食生活、遺伝子的要素と言われているんですよね。

そんな薄毛に見られるパターンは2つあります。

・髪の毛が細くなる
・髪の毛が抜け落ちる

このどちらかにより、
人は世間の一般の人達から
「ハゲ」と呼ばれるようになってしまいます。

 

「では、一体どのようなことが原因で薄毛になるのか?」

 

有力な説は以下の4つです。

 

薄毛の4大説!

①血液循環不良説
髪の毛の根っこの部分には血液が流れており、
この血液から髪の毛へと栄養を送ります。
従って、血液循環が悪くなると、
髪の毛へ十分の栄養を送ることができず、
髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

②男性ホルモン説
遺伝子的に男性法るもんが多いと
毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

③脂漏洩
頭皮に異常があると炎症が起きやすくなり、
結果的に髪の毛の成長を邪魔してしまいます。

④頭皮緊張説
緊張などにより、頭蓋骨と頭皮の血管を圧迫
血流を悪くしてしまい成長を阻害します。


①血液循環不良説
②男性ホルモン説
③脂漏洩
④頭皮緊張説

この4つの説のうち、
どれかしらに当てはまっていると
薄毛になりやすくなってしまうと言われています。

当然のことながら、
これら全てに当てはまっていなくても
何かしらの原因で薄毛になってしまう可能性は十分あります。

ですので、日々の予防や対策が重要になってくるのです。